みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
精油の結晶

今週のハイキングは大阪の金剛山。


樹上は凍てつく一方、
登山道には雪はほとんどなし。
けれど微妙に凍結しているように見えたので、
アイゼン(靴につける爪)を履こうか迷っていた矢先に、
つるんっといってしまいました。

見事な尻もちをつき、
右尻痛と軽い首のむち打ちを引きずりながら、今日も元気にトリートメントしています。


サロンにも、樹上の結晶のような美しいものがやって来ました。


「薄荷脳」
ハッカ精油の成分であるメントールの結晶です。
精油よりも強い香り。

高濃度な分、扱いには注意が必要ですが、
自然に気化して香りを放つので、
仕事部屋や勉強部屋に置くのも良し、うちではトイレに置いてみました。

しかし、薄荷はわかるけど「脳」って?

調べてみたら、
植物の精油から得られた結晶性テルペノイド化合物を、
植物名+カンファーで命名する慣例があったそうで、
この場合のカンファー を「脳」と訳したらしいのです。

「脳」はものごとの中心や核心というような意味があるので、
薬効の中心となる成分の結晶を、そう訳したのでしょうか。

薄荷からとれた結晶は「ミントカンファー」=「薄荷脳」、

樟からとれた結晶は「カンファーカンファー」=「樟脳」。

精油の化学からはしばらく遠ざかっていましたが、
久しぶりに勉強になりました

| まき | アロマテラピー | 15:23 | comments(0) | - | - | - |
ムフフ

不惑の35歳の誕生日は、出張先の博多で迎えました。
福岡の友達が祝ってくれたものの、なんとなくバタバタと過ぎていった誕生日。

その数日後。
一年ほど前から月に一度のお手入れを継続されているお客様から、
「誕生日プレゼントです」と美味しいコンフィチュールをいただきました。

ずいぶん前に誕生日を尋ねられたことはありましたが、
まさか覚えてくださってるなんて!!


砂糖不使用で果実感たっぷりの夏ミカンのコンフィチュール。
トーストにたっぷり塗って美味しくいただきました。
Mさん、ごちそう様でした

このコンフィチュールを皮切りに、
なぜだか立て続けにお客様からスイーツをいただくことに。

ご主人と二人ではまっているというシューラスクをくださった、新婚のSさん。
地元名物のケーキをくださった、セラピストのKさん。
ありがとうございます。

どれも甘くて美味しくて・・・食欲の秋に怖い予感

食べているばかりではなく、少し勉強もして来ました。
アロマ協会の専門セミナー。
「皮膚科学からみたアロマテラピーとスキンケア」

その会場で、珍しい東アフリカ産の精油が展示されていました。
一番気になったのは、「ムフフ」



甘い香りで、現地では媚薬としても用いられるとか。
その名と用途に、思わず私もムフフ・・・

他にも「イアリー」や「カタフレイ」など初めての精油がありました。
ついつい使う精油は偏ってきてしまうけれど、
たまには知らない香りを嗅ぐことは、嗅覚の刺激になって良い感じ。
脳も活性されそう

| まき | アロマテラピー | 13:08 | comments(0) | - | - | - |
ちびっこアロマセラピスト
遠く、熊野灘を臨む街から、
バイオラブパートナーのセラピストさんが、
まだ1歳ちょっとの娘ちゃんを後部座席に乗せ、
愛車をかっとばして明石まで遊びに来てくれました 自動車プシュー

まだ言葉を話せない娘ちゃんは、
うちに入るなり、どこかを指指して「あー。あー。」と言っています。

その指の先には・・・
期限切れで処分しようと思って並べておいた、精油の小瓶たち。
「どうぞ」と渡してみると、
さっそく香りのテイスティング!


私たちがおしゃべりしている間も、
精油瓶を積み木のようにして、ずっと一人で遊んでくれていました。

自分でフタを開けれるようになったら、危ないですが・・・

さすが、セラピストの娘!
早くもアロマの英才教育を受けて、将来が楽しみです 嬉しい
| まき | アロマテラピー | 20:55 | comments(0) | - | - | - |
石ころ騒動 こぼれ話
ようやく秋らしくなってきました。
思えば今月のサロンは、いつもと様子が違っていました。

いつもは、フェイシャルのみか、フェイシャルとボディを組み合わせたコースのお客様がほとんどで、
フルボディのお客様は1割ほど。

それが、9月は半数近い方がフルボディをオーダーされました。
長すぎる残暑に、疲れが出たのでしょうか。
今年の酷暑を目の当たりにする思いでした モゴモゴ


さて、先日ダンナさんの入院事件を書いたら、
早速ダンナさんを知る方々から、ご心配のメールをいただきました。
ありがとうございます。
ケロッとしてますので大丈夫です イヒヒ

「背中が痛い」と言いだしたとき、
「トイレに行っても出ない」とも言っていたので、
薄々、腎臓系のトラブルちゃうかな〜?と思っていました。

なので、悶絶しているダンナさんを横目に、
病院で待たされるやろうからと、本をカバンに入れて支度する、冷静な私。

ちゃんと夜間外来をやっている病院を調べてから行けば良いものを、
とりあえず、近所の大きな病院へ行ってみたら、
「麻酔科の先生しかいませんが、よろしいですか?」
それって私が判断するの!?なんてやりとりをしている間に、
ダンナさんの容体が急変 !

大量に嘔吐し、
手足が痺れると言い、どんどん硬直してきました。
ろれつも回らない様子。

あら?他の病気?素人判断は危険だわ〜 汗
という事で、一気に私も動転 プシュー

麻酔科の先生はあてにならなさそうなので、
そこの病院の駐車場から、救急車を呼んでしまいました。

到着した救急隊の方はダンナさんを見て一言。
「ああ。過換気症候群やね。」

いわゆる「過呼吸」
何か重大な病気になってしまった・・・と思い込んでいた私は、「へっ?」
力が抜けました。

ダンナさんは痛みのあまり、はーはーと肩で息をしていたせいで、
過呼吸になっていたのでした。
隊員の方に言われるままに、少し息を止めると、すぐに治まりました。

手足の痺れや硬直は、過呼吸の典型的な症状だそう。
「イランイランやネロリは、不安からくる過呼吸に有効です」
なんて精油の勉強をした記憶はありますが、
実際の過呼吸については、何の知識もなかったという事。

その知識さえあったら、慌てて救急車を呼ぶ必要もなかったのに。
反省です ノーノー
| まき | アロマテラピー | 16:33 | comments(0) | - | - | - |
はじめの一歩
縁あって神戸のマンションに招いていただき、
アロマセミナーを開催してきました。

そのマンションのコンセプトは「子育て支援」
敷地内に保育園まであるという、立派なマンション。

それに合わせて、今回のテーマは「家族のアロマケア」とし、
アロマの基本から始めて、
お母さんがアロマで、家族のために出来る事をご紹介する事にしました。



当日は、3〜4歳のかわいい女の子 女 も4人参加してくれました。
あくまで、お子さん連れ可、としていただけで、
お子さん向けのセミナーではなかったのですが、
少しでも香りに親しんでもらえたら・・・と思い、
実家の庭からとってきたユズと、うちのベランダのゼラニウムを持っていきました。

精油は「くさ〜い」と言われたりしていたのですが たらーっ
自然の香りは「いいにおい ラッキー 」と言ってくれましたよ。

ユズはそのままだと香りはしませんが、
皮をギュッと絞ると初めて香りがする事に、
大人のみなさんも「へぇ〜!」と驚かれていました。

最後に主催の方がアンケートを取ってくださり、
「講師への一言」にはこんな事が書いてありました。


植物 アロマには興味があったのですが、何から始めたらよいのか分からず、なかなか実践できていなかったので、簡単なバスソルトやアロマポットなどから始めてみようかと思います。
楽しい授業でした。ありがとうございました。

植物 とても楽しい時間をありがとうございました。
会社でデスクにアロマをされている方が数人おられ、本当にいいのかな?と思っていたのですが、月曜日から早速使ってみたいと思います。

植物 自分の趣味にしようと考えていましたが、自分の体の為以外にも、家族の為にも良い事がわかりました。
生理痛のひどい私には、とてもタメになりました。早速アロマショップへ行きたいです!


携帯電話にも標準で香りがつけられるようになった今、
アロマも広く浸透してきていると思っていましたが、
まだまだ知らない方も多いんだという事に気づかされました。
ちょっと反省・・・ しょんぼり

短い時間で、伝えたい事のすべてをお話するのは難しかったですが、
参加してくださったみなさんの毎日が、
少し変わるきっかけとなれば嬉しい限りです おはな


| まき | アロマテラピー | 22:50 | comments(2) | - | - | - |
セレクトショップのブレンド技
セレクトショップのSHIPSで、
バッグや靴と並んで、アロマ雑貨が置いてあるのを見つけました。
メンズとレディスそれぞれの、カジュアルラインとドレスライン。
それをイメージして作られたという4種類のエアミスト。


例えばセロリ・シソ・ローレル・ターメリックなんて、
なかなかマニアックな精油を使っていて、
ブレンドがけっこう面白いんです。

先日ご結婚されたセラピストさんに、
ささやかながら、プレゼントさせてもらいました プレゼント
彼女の分と、お会いした事ないけどイメージしながら、ダンナさんの分も。

香りは好みがあるから、プレゼントするのは挑戦ですが、
アロマセラピストさんなら、単純にこのブレンドを楽しんでもらえるんじゃないかと思って・・・

この香りは、SHIPSの店内でも漂わせているそう。
神戸のお店では気づかないくらいでしたが、
大阪店では、はっきりとわかりましたよ。

うちのサロンでは、お客様や季節によってお出迎えの香りを変えていますが、
「この香りと言えば、evergreenだ!」
というオリジナルブレンドがあるのもいいかな、とちょっぴり思いました。
飽きっぽいのでダメですが たらーっ


| まき | アロマテラピー | 16:30 | comments(0) | - | - | - |
山の落とし穴
8月になりました!
ようやく梅雨が明けました!
そして、evergreenも3周年を迎えることができましたー!!
みなさまに感謝です。
ありがとうございます ラッキー

夏だ〜! 船 と、テンションが上がるべきところですが、
今日の気分はやや下降線 down

実は、山でブヨに顔を噛まれまくってしまいました。
(蚊のように刺すのではなく、本当に噛むらしい・・・)
山では長袖長ズボンなので、唯一露出している顔への一斉攻撃。
その数9ヵ所。
赤く腫れあがっています。

「ますます顔が丸く見える」となげく私に、
ダンナさんはいつものごとく、「いつも腫れてるよ」とのコメント ノーノー

少しでも顔の露出を減らすためなら、「ひょっとこ」でも構わない。

時すでに遅しでしたが・・・

ブヨについてネット調べてみると、
虫よけスプレーなどはまったく効き目がなく、
「ハッカ水が有効」という書き込みが多くありました。

薬局で売っているらしいですが、
ミントの精油を持っている人は、
精製水とアルコールを加えて自分で作れそうですね。

薬局のハッカ水は0.2%のようですが、
ブヨの恐怖を知っている私としては、もう少し濃度上げたい気分!
使う精油もペパーミントではなく、
メントール多めの和薄荷を使いたい!



これからキャンプなど行かれる方も、気をつけてくださいね。

| まき | アロマテラピー | 13:51 | comments(2) | - | - | - |
山ガール
バイオラブのお取引様であるRINさんが、
「森ガールたち♪」というタイトルでブログを書かれていました。
なるほどぉ・・・と、とってもおもしろい記事だったのですが、
それなら私は、もう少し標高が高めの「山ガール」?

つい先日も、サロンのお客様に
「焼けましたよね〜腕が真っ黒」と指摘されてしまいました。
「そっ、そうですか?」
と冷や汗をかきつつも 汗 やっぱり山はやめられない。

山に持っていくアロマやハーブも色々と紹介してきましたが、
また一つ、新たな山用アロマグッズが仲間入りしました。

それは「ボカシオイル」

バリのお土産でもらった、怪しげな名前のマッサージオイル。

ココナツオイルをベースに、
カユプテ・シトロネラ・クローブ・フェンネル・シナモン・ペパーミント
がブレンドされています。

バリでは万能薬として、どこの家庭にも置いてあるそうです。
日本でいうタイガーバームみたいなものかな。

虫刺されにも効くとのことだったので、
(どちらかというと虫よけっぽいブレンドだけど)
先日のクライミングのおともに持って行きました。

この日は久しぶりのクライミングとなる、友達夫妻と一緒に。
一つめの山頂で、奥さんのKちゃんの足がつり始めました。
ダンナさんに足首のストレッチをしてもらうものの状態は芳しくなく、
「どうする・・・?」的な不穏な空気が流れ出そうとしていたその時、
ボカシオイルのことを思い出しました ひらめき

このブレンドって筋肉痛にも良さげじゃない!?

一か八か、筋肉をほぐすようにマッサージ開始。

すると、見事に痛みがとれたのです。
その効果は、
「神の手 パー かと思った」
と言わしめるほど。

ボカシオイルをくださったHさん、ありがとうございました ラッキー
| まき | アロマテラピー | 11:41 | comments(0) | - | - | - |
邪魔な香り?
花好きの私としては、
なるべく季節のお花でお客様をお迎えしたいと思っています。

ついこの前までは、
ダンナさんの実家の庭からいただいてきた紫陽花が鮮やかでしたが、
今のウエルカムフラワーは、ユリ。


なぜか見る人みんなに「これ本物?」と聞かれます。
もちろん本物!
良い香りがしています。
香りのある花をいけている時は、アロマを焚くのはお休み。
ナチュラルアロマテラピーを楽しんでいただきます。

そんな中、昨日の朝日新聞。
ユリの強い香りを抑える薬が開発されたそうで。
その薬を花瓶の水に入れておくと、ほとんど香りを感じなくなるらしい。

「香りが強すぎて敬遠されるから」というのが開発の理由らしいけど、
私が花屋で働いてたときは、
「花粉が服についたら取れない」と嫌がる人はいても、
香りが強いからと避ける人はいなかったけど・・・

飲食店なんかではニーズがあるのかな?
でも、こういうのって人間のエゴ丸出しな感じで好きじゃない。
将来、ユリの香りが知らない子供が増えたりしたら悲しいなぁ ポロリ
| まき | アロマテラピー | 19:24 | comments(5) | - | - | - |
ザ・定番
「どこの精油(ハーブ)使ってますか?」

講座の生徒さんから、
一番よく聞かれることかもしれない。

私の答えはいつも同じ。
「ここのじゃなきゃ!っていうのは別にないんですよねぇ・・・」
質問してくれた人は、がっかりだと思う しょんぼり

フィトエステをしてる人は「プロフィダイエ」
クレイセラピーをしてる人は「アルジレツ」
とあるアロマ協会の会員になってる人は「プラナロム」
ってな感じで、そのカテゴリーのみんなから絶賛される、
定番とも言うべきブランドってありますよね。

私の通ってたスクールの卒業生さんは、
みんなそのスクールのオリジナル精油が大好きだし ラブ

でも、ひねくれ者の私は、あえてそれ以外のものを探してしまう。

それらのブランドを否定する訳では、決してないんです。
使ったこともあるし、
いい香りだったり、安心して使える品質だという事は、その通りだと思う。

ただ、スクールで特定のブランドを推すこととか、
どのブレンドも例外なく高いことが、なんか気に入らないし、
みんながみんな同じって、苦手。


突然ですが、うちのダンナさんは車が好きです。
たぶん、それなりに詳しい。

初めてのダンナさん号 自動車 はトヨタで、
その後、スバル・日産と乗り継いで、
いつかはBMWに憧れてるらしくて。

私、ダンナさんにはいつもお世話になってるので、
それが似合う年頃になったらプレゼントするつもりで、
「ビーエム貯金」という名のへそくりを貯めています お金

ある日、普通に車で買い物に行ったヨメが、
BMWに乗って帰って来て、驚く びっくり ダンナさん、
っていうシーンが私の夢。

50歳ぐらいまでには貯まるか・・・???
実現するかは怪しいけれど・・・ 汗

そんなダンナさんが、
自分の人生で最後に乗るのは「やっぱりトヨタ」と決めてるみたい。

精油とか、ハーブも同じのような気がしていて、
色々試して、最後に自分のベストを決めればいいと思う。
粗悪品も掴まされて「あちゃー ショック 」って体験もあってこそ、
ホンモノを見極める力も養えるのでは?

アロマを知って10年。
まだ使ったことない精油もたくさんあるので、
こんな役立たずな返答でもお許しを・・・
| まき | アロマテラピー | 23:45 | comments(2) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE