みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
<< 美を生む鹿肉料理 | main | 妊婦はコレを飲むぜよ! >>
出産準備
ぼちぼち、その日を迎えるための準備を始めました。
とは言え、分娩を予定している病院は「手ぶら入院」がウリなので、
荷物の準備などはあまりなく、もっぱら体のメンテナンス。

医師から言われた「どんどん歩くように」との言葉が、
「安静に」と言われていた時期が長かっただけに、なんて快感!!

毎日せっせとサロンに出勤する他、
この前の休みには、六甲山の森林植物園をぐるぐる歩きまわって来ました。

新緑の園内。
自分の居場所は、やっぱりこういう所だと感じる。

子づくり中にずっとやっていて、
妊娠してからはしばらく休んでいた、三陰交のツボへのお灸も復活。

毎日のお茶には、ラズベリーリーフのハーブティーを。

はっきりとした科学的根拠は示されていないものの、
その中に含まれている鎮痙作用を有するフラボノイドが、
骨盤まわりを緩めてくれるのか、
昔から伝統的に”安産のお茶”と言われています。

実は、シングルで飲むハーブティーは苦手な、駄目ハーバリストの私。
ついつい飲みやすいブレンドを模索してしまいますが、
このラズベリーリーフは、癖がなくシングルでも十分美味しい!

その他、助産師さんに教えてもらった、
おっぱいマッサージと会陰マッサージ。

会陰の方は、ベビーオイルでも馬油でも何でも良いから、
すべりを良くするものを使うようにとの事。

ザ・粘膜とでも呼びたくなるその部分に、
おなじみのアロマオイルを使うのは抵抗あるので、
色々検討した結果、カレンデュラオイルを試してみることに。

カレンデュラオイルと言えば、
ハーブを植物油に漬け込んだ浸出油が一般的ですが、
二酸化炭素超臨界抽出で得られたエキスを植物油に添加した、
新しい方法でつくられたものを見つけました。



通常の浸出油よりも、
心なしか黄色が濃く、少し苦みばしったカレンデュラ独特の香りも強いように感じます。
実際、有効成分も多く含まれているそうで。

陣痛より、会陰切開に恐怖を感じている私。
何としてもそれを避けるべくこのオイルで頑張ってみるものの、
親指を全部膣の中に入れる!?
痛すぎて、第一関節まですら入りませんが・・・?

ほぼ、まわりへのオイル塗布しかできない毎日。
せめて、カレンデュラの癒傷作用だけでも発揮されますように。
| まき | ナチュラルライフ | 15:02 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE