みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
<< 高級日傘 | main | 花ひらく春 >>
山の神様に安産参り
妊娠5ヶ月の戌の日には、安産参りに行く習わしなのだとか。

ただ、ちょうどその頃に入院が重なり、
動けるようになったときには5ヶ月はとっくに過ぎてしまっていたので、
まぁいいか〜。と思っていたら、
「やっぱり行っといた方が良い」とのアドバイスがあり、
今さらながら、出向くことに。

さて、問題はどこの神社に行くか?
この辺で有名な中山寺は、その昔ダンナさんと二人揃っておみくじで凶を引き当てた場所だし、
近隣の神社もふだんから氏神様としてお参りしている訳でもないのに、
そんな時だけ安産をお願いするのもムシが良すぎる気がして。

結局、ダンナさんも私も「ここなら」と納得できた場所は、四国の石鎚神社。
西日本で一番高い、石鎚山をご神体とする神社。

山頂の頂上社・山腹の成就社・山麓の本宮と、三つの社があり、
頂上社と成就社には石鎚山に登るたびにお参りしていたし、
何より、一昨年に雪山ハイクを兼ねて初詣した時に大吉を引き、
その時の「子供を授かりますように」という願いを、まさに成就させてくれた場所。

当初の予定では、ゆっくり道後温泉にでも泊まって成就社まで足を伸ばすつもりが、
ダンナさんがこんな時に限ってインフルエンザにかかってややこしい事になり、
急きょ、日帰りでの山麓の本宮参りで妥協することに。

国道からすぐの本宮に参拝するのは初めて。

石鎚山の修行用(?)の鎖場から架け替えられた鎖がつく、妊婦には厳しめの階段。
クライミング妊婦の私には余裕でしたが。


登りきると、本宮にふさわしい立派な社殿が。


神戸よりも黄砂やPM2.5の影響が強いようで、
この時期、中国・四国地方から敏感肌タイプの化粧品のご注文が増えるもの納得の、
どんより空の愛媛。
ここにあって、なぜか神社の上空だけ澄んだ青空でした。

お祓いはセルフ方式で(笑)


無事にお参りを済ませた後は、
せっかくの機会なので、なかなかお会い出来ない愛媛のバイオラブサロンさんの元へ。

お土産に"坊ちゃんだんご"を頂きました。


「愛媛と言えば、一六タルトしか知らない。」と言うと、
「えー、ショック!!」とおっしゃる程、有名なお菓子らしく。

昔、"団子三兄弟という歌があったなぁと思い出させる、
かわいらしいお団子でした。


体重コントロールが必要な今の身には、和菓子が嬉しい!
ごちそう様でした。
 
| まき | - | 16:55 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE