みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
<< ブレインフード | main | ホスピタリティを考える >>
くるみ再び

新サロンにも慣れ、不妊治療の再開にあたり転院することを決めました。

一般的な不妊治療では、
通常は月に1個の排卵を、薬による卵巣刺激でなるべくたくさん増やそうとします。
受精→細胞分割→着床
このプロセスごとにどんどん命は淘汰されていってしまうので、
言い方は悪いけど、数撃ちゃ当たる的な?

その薬物刺激を2周期受けた結果、
疲弊した私の卵巣は、生理周期をすっかり狂わせてしまいました。

医師からは「また薬でコントロールするから大丈夫」と説明されましたが、
今まで、問題なく規則正しいリズムを刻んでいた私にとっては、
けっこうなショック。

それに、疲れ果ててるのにムチ打たれてやっとこさ育てた卵に、
果たして生命力があるのか?
そんな疑問を感じたのが転院のきっかけでした。

今は、卵巣刺激を行わず、
月に1個の自然な排卵を利用して治療にトライしています。

たった1個なので、
一度負けたら終わりの高校球児のようにハラハラしますが、
連日の注射通いがないおかげでびっくりする程負担は少なく、
仕事しながら治療を受けたい私は、かなり助かっています。


で、またまたくるみ。


脳の形にも似てるけれど、甲状腺にも少し似てる気がする。

新しい病院では、前の病院ではなかった甲状腺ホルモン値の検査を受け、
「少し低めだね」と言われました。

もちろん病的なものではなく、正常値の範囲内では低い方に位置する、
という事なのですが。

代謝を司るホルモンですから、
山の上のテントの中で足が冷えて眠れない原因とか、
肌色がくすみやすい原因は、
こんな所にもあったのか!と美容的にも新たな発見でした。

甲状腺ホルモンは高すぎても低すぎても、妊娠を妨げる事があるそう。
残念ながら、調べてみてもくるみが甲状腺に良いという説は見つかりませんでした。
やはりくるみはブレインフードとして、脳の活性にどうぞ。
ポリフェノールや各種ビタミンミネラルも豊富なので、お肌にも良いはず。
おやつにお菓子を食べる代わりにいかが?

| まき | 美肌食 | 11:11 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE