みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
<< パートナー様に恵まれて | main | 緑の薬箱 >>
ヴィンテージ精油

引っ越しのドタバタにまぎれて、
棚の奥の方から発見されるのは、もはや用途すらわからないガラクタばかり。
そんな中、キラリと光る唯一の掘り出しモンが出てきました。

これをご存知なら、きっとかなりのベテランBIOLABユーザー!

バイオラブの昔の精油。
これが販売されていたのは、もう何年前になるのか・・・

こちらが現在の精油。


どちらもストレス解消に使う鎮静系ブレンドですが、
今は「フルール(花)」という名前、
昔はなぜか「アムロ(恋人たち)」なんて名前がつけられていました。

ボトルが違うのは見ての通り、
実は、当時は配合精油も違っていたのです。

今のフルール:ローズ・イランイラン・ラベンダー・シダーウッド
昔のアムロ:イランイラン・ラベンダー・サンダルウッド

サンダルウッドの乱伐により絶滅が危惧されるようになり、
資源保護の観点から、ブレンドを変更したのでした。

フルールの、落ち着いた中にも華がある香りも捨てがたいですが、
このアムロの、深〜い深い鎮静の力も魅力的。

それもそのはず。
フレッシュなうちに使い切ってしまった方が良い柑橘系などの精油と比べて、
サンダルウッドは、時間が経てば経つほど熟成してゆく特殊な精油なのです。

引っ越し前のサロンの暗い棚の中で、
軽く7年ほどは眠っていたこの貴重な精油。

引っ越し記念の大盤振る舞いで、
時々ウエルカムアロマとして焚いてみています。
ドアを開けた瞬間に気づかれたラッキーな方は、
ゆっくり深呼吸して、この深い香りを堪能してくださいね。

| まき | アロマテラピー | 17:04 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE