みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
温泉ベースにクライミング
ゴールデンウィークに初めて行った岡山の湯原温泉。

ここの泉質がヌルヌル、お肌はツルツル。
そしてまわりには小粒ながらも展望の良い山々が点在しているという事で、
湯原温泉をベースに、まわりの山に登るスタイルがすっかりお気に入りに。

海の日の連休もしかり。

ずっと背負われているだけだったムスコも、少し歩けるようになりました。


「次はここの山だ!」


リクエストにこたえて、お盆休みも飽きずに湯原温泉の予定。
最近のムスコはあせもがひどく、湯治も兼ねて行ってきます!

次回は、あせものナチュラルケアについて書いてみたいと思います。

 
| まき | クライミング | 15:34 | comments(0) | - | - | - |
ベビークライミング
ゴールデンウィーク中、とっても楽しみにしていた子連れトレッキングは雨で断念。

ただ休み前には、マタニティヨガで一緒だったお母さんがご夫婦で山登りをされていた事が判明し、
嬉し過ぎて早速、赤ちゃんと一緒にクライムオン!


ムスコよりも小さい赤ちゃんは、この日は抱っこ紐での参加。
この後、うちと色違いの山キャリーを購入されたとか。

キャリーがあると、うんと楽です。


これに乗っていると、不思議とぐずらないムスコ。
自然の中で揺られているのが気持ちいいのか、
後半はたいていキャリーの上で熟睡。

日焼け大丈夫かな・・・
私からの遺伝か、肌が弱いのでまだUVクリームを試したことがないのです。

まだまだ低山しか行けないけれど、目指せ!夏にはアルプスデビュー!!
 
| まき | クライミング | 17:09 | comments(0) | - | - | - |
再始動
2014年最後の記事は、およそ一年半ぶりの山ネタで締めくくり。

神戸の大丸に、滋賀県に本店のあるクラブハリエがパンを売りに来ていました。
そこに"冬の伊吹山"というどっしりしたパンが。


伊吹山って、新幹線で大阪から名古屋にう向かう途中、
米原駅の辺りで左側に見えるあの山です。


なるほど、確かに伊吹山かな・・・。
でも800円もするこのパンを、
私の他に誰が買うんだろうと思いながら、つい即買いしてしまう。

冬の休日。
ようやくムスコが山用のベビーキャリーに乗れるようになったので、
ちょっとした山に試乗に行って来ました。

自分で登らないムスコは寒そうだったのですぐに下山しましたが、
あ〜楽しかった!

その帰り道、「コーヒー無料」ののぼりにつられて入ったパン屋さんは、
その名もアイガー。
言わずと知れた、スイスの名山。

店内にはアイガーの大きな写真が掲げられ、
暇な私たち夫婦はホットコーヒー片手に、
「アイガー登ろうと思ったら、一ヶ月は店閉めなアカンよね。」
「いやいや、アイガーに登って、こんなんしてたらアカンって気づいて店を持ったんやで。」
と、ヒトの人生を勝手にあれこれ詮索。

「穂高」と名づけられらた食パンを買って帰りました。

ここまで徹底できるのもスゴイな。
うちのサロンメニューも、
「六甲フェイシャル」とかにしたらどうだろう?と一瞬考えてみたけど。


今年は、お客様のご理解と家族の協力に支えられ、
子育てと仕事を、苦戦しつつもなんとか両立させることができました。
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

来年はちょっとステップアップ。
育児・仕事に山登りも加えて、3本柱で頑張っていこうと思います。
皆様、良いお年を!

新年の営業は、代理店は5日(月)から、サロンは6日(火)からです。




 
| まき | クライミング | 17:44 | comments(0) | - | - | - |
子宝クライミング

猛暑の中でのハーブ園見学の数日後。
今度はオフで、この週2度目の山梨県へ。

登山口の気温は、ハーブ園より20℃も涼しい15℃。
まだ山桜が咲いています。


この日は、曇りがちだったおかげであまり日焼けせずに済みました。

ハーブ園はあの辺かな、と上から眺めてみたり、


世界遺産登録を記念して、富士山と写真撮影したりで。


なかなか前に進みませんが、
ようやくたどり着いた今回のターゲットは、不思議な形をした「地蔵岳」


その名の通り、頂上直下にお地蔵さんが立ち並んでいます。


実はここのお地蔵さん。
子供を望む夫婦が1体を頂いて帰り、
願いが叶ったら2体にして返すという、子宝信仰があります。

そう言えば、英王室のロイヤルベビーと同じ頃だったなぁ・・・
と、流産の事を思い出しがちだった最近。

考えても仕方ないし、
やる事(?)やろうと、登って来た次第です。
たまにはお地蔵さん頼みでもいいかと。

しかし!
一番コンパクトに見えたお地蔵さんでも、
持ち上げてみると、ズシリ5キロ近くはあろうかという重さ。

これから下るべき1,300mほどの標高差と、
負担が掛かる膝との相談の結果、
出した答えは、「無理かも。」

昔の人はスゴイと思う一方、
自分の薄っぺらな信仰心に苦笑しつつ、
ふと足元を見ると、何ともかわいらしいお地蔵さん三兄弟が!


プラスチックでできたおもちゃですが、
我が家にはこれで十分。

出産予定日と言われていたその日、
代わりに小さなお地蔵さんが1体やって来ました。

サロンの引っ越しなどもあり、
しばらく治療は休んでいましたが、
お地蔵さんパワーも借りて、そろそろ再開しようかと思っています。

| まき | クライミング | 17:58 | comments(0) | - | - | - |
グリーンクライミング

急激な温度上昇に少々バテ気味。
爽やかさを求めて、グリーンクライミングに行ってきました。

緑色は目に優しいのだとか?
モニターを見過ぎて疲れている目を癒しがてら、
クライミング報告にお付き合いください。


清流と言えば「四万十川」というイメージがありますが、
3年前に国土交通省が発表した水質ランキングを見ると、
四万十川はなんと57位に沈み、
むしろ同じ高知県の「仁淀川(によどがわ)」が1位となっていました。

この仁淀川の源流は石鎚山(いしづちさん)だと聞き、
お正月の初詣クライミングの時に通った表参道ではなく、
源流域をたどる裏参道で、頂きを目指します。

登山口の面河渓(おもごけい)。
秋の紅葉で有名ですが、この季節は青もみじが鮮やか。


仁淀川は、40メートル先まで見通せる透明度を誇り、
そこでしか見られない独特の青は「仁淀ブルー」と呼ばれています。
源流域では、青もみじを映して「仁淀グリーン」の流れ。



登山口から足を踏み入れると、ブナやシラビソの自然林が続きます。
グリーンの道をてくてくと進む。


差し込む光に誘われて、見上げる先の空も・・・


グリーンの空。


これだけの緑に囲まれていると、
その場の空気自体がグリーンを帯びているような気がして、
木々が日差しを遮ってくれているおかげで冷んやりとした空気と相まって、
なんだか神秘的な空間でした。

高度を上げて森林帯を出ると、
今度は一転して、笹原の明るいグリーンが迎えてくれます。


5年前、クライミングを始めた年に訪れた時には、
切れ落ちた山頂が怖くて足腰がガクガクしてましたが、
今では高度感にも慣れて、余裕のポーズ。


おススメのクライミングコースはいくつもありますが、
ここは5本の指に入るほど気に入りました!

山頂までも、ゆるやかな登りで4時間半〜5時間ほどで行けますが、
それも大変なら、
登山口の面河渓だけでも、避暑と森林浴にとってもおススメの場所です。

| まき | クライミング | 17:24 | comments(0) | - | - | - |
幸運の雲

山梨への旅の一番の目的は、
もちろんハーブ農園の下見でしたが、
目の前に見せつけられて、登らずに帰る訳には行きません。

温泉をベースに八ヶ岳へクライムオン!
全国的に気温が低かった今年のゴールデンウィーク。
山にも雪がたっぷり残っていました。


やっぱり雪山は抜群の美しさ。

下山中にふと振り返ると、
頂上の上に、虹色の彩雲がかかっていました。


彩雲を見た人には幸運が訪れるという言い伝えが。
噂には聞いていたけど、初めて見れた!

気象学的には、彩雲が現れた翌日は晴天が約束されていて、
実際その通りになったので、クライマーにとってはそれが何よりの幸運!

このブログを見てくださっている皆さんにも、
それぞれ幸運のお裾分けができますように〜。

| まき | クライミング | 17:23 | comments(0) | - | - | - |
フィールド調査

新しいUVリップクリームのフィールドでの評価を兼ねて、
ダンナさん&父親と、しばらくぶりの雪山へ。

ここ数日、異常な陽気が続いていましたが、
この日も強い日差しで、UVの評価には最適な一日。

春の肌はまだ紫外線に耐性がないので、ホントは日焼けしちゃダメなのですが。
しかも雪山では、空からと雪からの照り返しのW紫外線。

そんな過酷なストレステストを経て、
私の評価は99点!
翌日必ず皮がめくれてしまう唇が、今回はまったく異常なしでした。

UVクリームと同じで、
塗り過ぎると白っぽくなってしまう点を1点だけ差し引いての点数。
これからは山ポーチの常連になることが決定!


この日、もう一つ与えられた課題は、前方にあらわれた雪の壁。


今年古稀を迎える父と比べてみる。

行く手を阻むこの壁をどう乗り越えるか?

答えは・・・

雪を削って階段をつくる。

何かしら、壁を乗り越えるための答えはあるものです。

それさえ乗り越えられたら、
あとには頂上へと続く、こんなに気持ちがいい道が待っていました。

| まき | クライミング | 21:07 | comments(0) | - | - | - |
雪の成人の日

先日、成人式用にナチュラグラッセをお求めになった娘さんから、
当日に振袖姿のお写真が送られてきました。

「赤みはわからない状態にできました。今日一日楽しみます。」
とのメッセージを添えて。

頬に赤みのある炎症が出てしまい気にされていたのですが、
カラーコントロールとコンシーラーでうまくカバー出来ていて、
チークやアイカラーも、濃紫の振袖によく映えてとってもキレイでした!

ご成人、本当におめでとうございます。


私の成人の日はと言うと、爆弾低気圧に翻弄された一日でした。
信州までスノートレッキングに出かけた前日は快晴。

汗をかいた後の休憩時間。
友達がプレゼントしてくれたガスバナーでお湯を沸かして。


ニッポンの山には、ニッポンのうどん!


下山後の温泉は、冬になるとまた格別。


美味しい地酒もいただいて、いい気分で眠りにつき、
翌朝目を覚ますと・・・外は雪景色に一変。

高速道路が通行止めになり、ひたすら国道で家路につくことに。
初めての雪道運転が、まさかの峠越え。


午前中に宿を出発し、ようやく長野県を脱出した頃には日が暮れていました。


帰宅に12時間もかかってしまいましたが、
山もハタチの娘さんもキレイだし、いい休日でした。

| まき | クライミング | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
雪山三昧

あけましておめでとうございます。

今年は少し思うところあり、
evergreenは営業スタイルをちょっぴり変えての一年となりますが、
2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


今年もキレイな初日の出を求めて、
新たに得た武器を携え、出掛けたのは雪の北八ヶ岳。

マイナス13℃の世界。
出会ったワンコも防寒対策万全で。


けれど残念ながらご来光は雲の中。
そこは、白が支配する静寂の世界でした。


何に祈りを捧げるのか、樹上には十字架。



初日の出はダメでしたが、雪山の雰囲気をたっぷりと楽しめました。


いったん明石に戻ってから、今度は四国の石鎚神社へ遅めの初詣で。
山腹にある神社の神殿からは、石鎚山の山頂が拝めます。


おみくじは大吉!
昨年は夫婦揃って凶を引き当てたので、
今年はいい事あるかな〜?


山頂にも神殿があるので、
真っ白な霧氷を堪能しつつ、ゆっくりと登ります。


写真右のてっぺんに、ちらっと黒く見えているのが頂上神社。
昔の人はエライところに建てたな〜。


遠く見える頂上にもいつかは着くと信じて、
今年も一歩一歩登っていくのみです。


良い一年になりますように。

| まき | クライミング | 11:56 | comments(0) | - | - | - |
私のサンタは山男

クリスマスにアクセサリーなんかもらった事がない。
ダンナさんからのクリスマスプレゼントは、
毎年、とっても実用的。

今年は、雪山用の武器「ピッケル」。


それと、靴につける「アイゼン」。
すでに持っていた6本爪から12本爪にバージョンアップ。


お正月の信州の天気予報はまずまず。
これらの武器を駆使して、
今まで見ることが出来なかったような
素晴らしい初日の出の風景をお届けできますように。

年内は明日で営業終了となります。
今年もありがとうございました!

| まき | クライミング | 17:16 | comments(2) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE