みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
サロン帰りにおススメのお店
節分の日。

ハーブレッスンの生徒さんが、「お裾分けどうぞ〜」と持って来てくださいました。

どう見ても巻き寿司のこれ、なんとパンです!

サロンの近所のパン屋さん、ファミールさんからのお土産です。
違和感なく、美味しくいただきました♪

実は、このファミールさん。
サロンにお越しのお客様が、
このブルーの袋を手にされている率がとっても高く、
エバーグリーンの常連様に人気のお店です。


袋には「心と体にやさしいパン屋さん」と書かれている通り、
防腐剤・着色料・保存料・乳化剤・安定剤・イーストフードなどの添加物は使わずに、
天然酵素やミネラルたっぷりの自然塩で焼き上げているそう。

産後、間食がやめられなくなった私のおやつも、
ムスコの離乳食用のパンも、
こちらでちょくちょく買わせてもらっています。

母が巻き寿司パンをもぐもぐ頬張っている間、
ムスコは保育所でツノをつけてもらって、
鬼のコスプレを楽しんだ様子。


家ではこんな事してやれないので、
保育園に行ってて良かったな、と思うのはこんな瞬間。
| まき | 美肌食 | 15:24 | comments(0) | - | - | - |
いのちに感謝
ムスコが産まれてからあっと言う間に100日が過ぎ、
先日、明石の料理旅館でお食い初めのお祝いをしました。

歯固めに神社でもらって来た石を用意すると聞いて、
私たちは乗鞍岳のふもとで拾って来た石を持って行ったのですが、
ここは海の幸に恵まれた明石。

歯固め用には、大人でも噛み切れなさそうなタコの太い足が用意されていました。


ゆっくりと出産のことを振り返る時間もなかなか取れない日々ですが、
今でも、自分が子供を産めたことに信じられない思いでいるし、
寝ているムスコをまじまじと見つめては、
人ひとりが自分のお腹の中から出て来たことが、不思議でなりません。

たった一つの細胞だった頃を見る機会に恵まれたから、
この指が・爪が・髪の毛がねぇ・・・と、
いちいち余計にそう思うのかも。

奇跡なんて言葉はありふれてるけれど、
この子が誕生するまでは、まさに奇跡の積み重ね。

数万個のうちのたった一つの卵子と精子が出会えるかどうか、
受精卵の分裂が進んでいくかどうか、
子宮の中に着床してくれるかどうか、
そこから無事に生まれるまで育ってくれるか。

体外受精を繰り返して、
流産も切迫流産での入院も経験する事になった私は、
その度に、命が淘汰されてゆくのを間近に感じて来ました。

それがゆえに、生まれてきた赤ちゃんは本当に尊い。
自分の子供だけでなく、
街ですれ違う、かつて赤ちゃんだった人は皆そうなんだなぁと、思ってみたり。

タコ効果で歯がはえ始めました。
いつの間にかすくすく育ってくれている事に感謝です。



 
| まき | 美肌食 | 17:54 | comments(2) | - | - | - |
美を生む鹿肉料理
お腹の子は平均サイズよりけっこう大きめらしく、
あまりにも大き過ぎるとのことで、
ついには母体の糖尿病を疑われる始末で・・・。

食べることぐらいしか楽しみがない今、
ストレスを感じながら体重コントロールに気を使っているというのに、
そんな疑いまでかけられて、かなりツライ。

絶食の後に、あま〜い糖液(まさかの炭酸)を飲み、
1時間ごとに採血して血中の糖を調べるという、
糖負荷検査まで受けさせられました。

結果、糖尿病ではなく、
「この子の個性だね。」という診断結果で。

糖尿病ではない事がわかっても、
検診では毎回のように節制するよう言われる私ですが、
ゴールデンウィーク中は、勝手に無礼講。


色々食べたごちそうの中で、
ダントツの美味NO.1だったのが、鹿肉料理。
丹波野菜と鹿料理の専門店「無鹿」さんでいただきました。

ここのホームページのトップには、
「召しませ 美を生む しか料理」という魅惑の文字が。

その文字通り鹿肉は、
ばら牛肉と比べると脂質は100分の1しかないのに、
良質のたんぱく質やミネラルが豊富。

特に鉄分は2.3倍も含まれているそうで、
まさに、体重増加を注意されている妊婦にも嬉しい食材!

含まれているコラーゲンは、他の肉より粒子が小さいらしく、
美肌効果まで期待できそう。

おまけに、どんぐりをはじめとする、
丹波の森の豊富な木の実を食べている野生の鹿肉は、
臭みもなくて、ホントに美味しい。

いい事づくめです。

野菜6種と鹿肉3種の前菜盛り合わせ


メインは、鹿もも肉の山椒焼きと、骨付きリブロースの竜田揚げ。


デザートのスプーンとフォークが鹿の角!


築100年の町屋を使った店内もいい雰囲気でした。
ちょっとしたドライブがてらに、
美肌のためのお食事はいかが?
| まき | 美肌食 | 15:27 | comments(0) | - | - | - |
温泉解禁!
馴染みのイタリアンレストランから、7周年記念パーティーの招待ハガキが届いた。
「7周年だよ、全員集合!」ならぬ、「7周年だよ、全員酒豪!」とのこと。
今年は酒豪はちょっと無理そうなので、残念ながら欠席で。
あ〜。ホントに残念(泣)

趣味は?と聞かれると「クライミング」と答えるけれど、
この一言の中には、
「山に登って、下山して温泉で汗を流して、冷えたビールをぐいっと飲む。」
という一連の動作が詰まっている。

妊婦にはそのすべてが適さなくなり、かなりストレスフルなマタニティ期。
そこに朗報をもたらす新聞記事が。
「妊婦は温泉ダメ」根拠なし 環境省、基準削除へ

あら、そうなの?
早速、どこに行こうか温泉探し。

三大名泉の一つに数えられながらも、
北アルプスへの行き帰りに何度も素通りしていた「下呂温泉」に決定!

普段泊まるのはテントの中か車中なので、
たまにホテルや旅館を利用する時は、うーんと厳選。
今回は「川上屋 花水亭」さんにお世話になりました。

温泉と共に楽しみにしていた食事は、
桃の節句にちなんだ季節感溢れる、期待以上のお料理でした。


メインの飛騨牛陶板焼きよりも、
この日一番美味しかったのは、蛍いかと若筍の味出汁しゃぶしゃぶ。

富山に近い地の利をいかして、刺身でも食べれる新鮮な蛍いか。


それをあえて出汁の中にさっとくぐらせて、


甘みを増したところで、春の筍・ワカメ・セリと一緒にいただきまーす。


初めての味わいでした。

美味しいお酒があったら、食事ももっと美味しいんだろうなと、
ミニ酒蔵を未練がましく横目で見ながら・・・


私とは比べものにならない酒豪の女性が、
「不思議と妊娠したらお酒が欲しくならなくなるから、大丈夫。」
と言っていましたが、その噂は嘘でした。

それでも、美味しいものをたくさん食べて、久しぶりの遠出でリフレッシュ。
今日からまた、体重管理に励みます。
 
| まき | 美肌食 | 15:45 | comments(0) | - | - | - |
くるみ再び

新サロンにも慣れ、不妊治療の再開にあたり転院することを決めました。

一般的な不妊治療では、
通常は月に1個の排卵を、薬による卵巣刺激でなるべくたくさん増やそうとします。
受精→細胞分割→着床
このプロセスごとにどんどん命は淘汰されていってしまうので、
言い方は悪いけど、数撃ちゃ当たる的な?

その薬物刺激を2周期受けた結果、
疲弊した私の卵巣は、生理周期をすっかり狂わせてしまいました。

医師からは「また薬でコントロールするから大丈夫」と説明されましたが、
今まで、問題なく規則正しいリズムを刻んでいた私にとっては、
けっこうなショック。

それに、疲れ果ててるのにムチ打たれてやっとこさ育てた卵に、
果たして生命力があるのか?
そんな疑問を感じたのが転院のきっかけでした。

今は、卵巣刺激を行わず、
月に1個の自然な排卵を利用して治療にトライしています。

たった1個なので、
一度負けたら終わりの高校球児のようにハラハラしますが、
連日の注射通いがないおかげでびっくりする程負担は少なく、
仕事しながら治療を受けたい私は、かなり助かっています。


で、またまたくるみ。


脳の形にも似てるけれど、甲状腺にも少し似てる気がする。

新しい病院では、前の病院ではなかった甲状腺ホルモン値の検査を受け、
「少し低めだね」と言われました。

もちろん病的なものではなく、正常値の範囲内では低い方に位置する、
という事なのですが。

代謝を司るホルモンですから、
山の上のテントの中で足が冷えて眠れない原因とか、
肌色がくすみやすい原因は、
こんな所にもあったのか!と美容的にも新たな発見でした。

甲状腺ホルモンは高すぎても低すぎても、妊娠を妨げる事があるそう。
残念ながら、調べてみてもくるみが甲状腺に良いという説は見つかりませんでした。
やはりくるみはブレインフードとして、脳の活性にどうぞ。
ポリフェノールや各種ビタミンミネラルも豊富なので、お肌にも良いはず。
おやつにお菓子を食べる代わりにいかが?

| まき | 美肌食 | 11:11 | comments(0) | - | - | - |
春の養生食

季節を先取りして咲いていたサロンの桜はすでに葉桜になりましたが、
東京での桜の満開が信じられないくらい、
明石の桜はまだまだ蕾のままです。

そんな中、お取引先様から春にぴったりのいただき物が届きました。

いわゆる”飲むお酢”なのですが、
お酢に後からフルーツの風味を加えているのではなく、
フルーツの果汁を発酵させてつくられているとの事で、
ツンとする感じがない、ふわりと優しくフルーティーなお酢でした。

いくつかあるフルーツの種類の中から、
私がいただいたお酢のネーミングがまた素敵で。

桃・梅・桜のブレンドで、”三春”。

来たり戻ったりのじれったい春を後押ししてくれるようで、
とっても嬉しいプレゼントでした。



それに春は、身体が冬の間にため込んだものをデトックスしようとする季節。
肝臓に負担がかかりやすくなります。
中医学では、酸味のある食べ物が肝を養うと考えられているそうで、
まさに!今必要な養生食でした。

これを送ってくださったのはセラピストさん。
さすがのチョイスです。
ありがとうございました。


バイオラブのスプリングキャンペーン
*美白プレミアセット
*植物原液エッセンスA
残りわずかとなりました。ご注文はお早目にどうぞ!
| まき | 美肌食 | 16:40 | comments(0) | - | - | - |
兵庫県民の特権

兵庫県の日本海側、豊岡に住むお客様から嬉しいプレゼントが届きました。
ご当地キティの「コウノトリキティ」

治療している人の間では、ご利益あると噂らしい。

全然知らなかったし、
キャラクターものを身につける習慣はありませんが、
主役の座をコウノトリに奪われているちっちゃなキティはかわいくて!
病院に忘れずに持って行けるように、体温表にくくりつけました。


何だか最近、受け取ってばかりの私。
いつかしっかりと返していきたいし、
私も与えられる人になれますように。


そして、処置が終わったあとの定番はこちら。
”コウノトリ育むお米”のおにぎり。


病院の隣にあるスーパーで見つけてからは、
長引く処置のあとのお昼ご飯に決めています。

しっかり食べて、
午後からは、5月に向けて動き出したあるプロジェクトの打ち合わせです。

| まき | 美肌食 | 19:01 | comments(0) | - | - | - |
不思議フルーツ



東京の友人が言うには、流行っているらしい。
お土産に持って来てくれました。
関西では見かけませんよね〜?

生のまま一口かじってみると、
甘酸っぱい中に、今まで体験した事のないような、ふんわりと優しく甘い香り。
言葉では例えようのない味ですが、
ストロベリートマトという呼び名もあるようで、
なるほど、食感もイチゴとトマトを足したような感じかも。

ジャムやソースにしても美味しいとの事だったので、トライしてみました。

外のパリパリをはがして実だけにすると、キンカンみたいないでたちに。


4分割ぐらいにしてみます。
断面はプチトマトにやや似ているか?


ジャムには砂糖とレモン汁を入れるような気がして、
適当に加えたのち、ことこと煮詰めてみる。


醤油とニンニクを加えたので色が悪くなっちゃいましたが、
焼いた牛肉にかけてみたら、立派な一皿に!


カロチン色なので見るからにビタミンAは多そうですが、
その他にもビタミンC・Eや鉄分も豊富だそうで、
オンナの味方フルーツと言えそうです。

| まき | 美肌食 | 15:02 | comments(0) | - | - | - |
究極のアンチエイジングフード

母は大阪育ちですが、
北海道生まれのせいか、年に一度は北海道へ行かないと気がすまないらしい。

毎回必ずお土産に頼むのが、佐藤水産の「石狩味」


鮭を糀で熟成させてイクラを加えた珍味で、
日本酒のアテにはもちろん、白いご飯も進む進む。
ちょっと塩分多めですが、「美肌のためやもん」と言い訳しながら食べ過ぎてます。

と言うのも・・・
この鮭やイクラのオレンジは「アスタキサンチン」という色素の色で、
もともと水中の藻に含まれる色素が、
食物連鎖によって鮭に取り込まれたものです。

こちらがアスタキサンチンの原液。


ただ赤いだけでなく、ビタミンEの1,000倍!ともいわれる抗酸化作用があり、
すぐれたアンチエイジング効果を発揮します。

富士フィルムの「アスタリフト」という化粧品に配合された事で、有名になりました。

なので、旬の秋鮭を食すのも良し、
バイオラブとナチュラグラッセからもこの秋アスタキサンチン配合のアイテムが出たので、
それでスキンケア&メイクするのも、アンチエイジングのためにとってもおススメです。

アスタキサンチンを含むアイテムはこの3品。

「ユイルドゥソワンプルミエール」


毎年の冬のお楽しみ「エクストラモイスチャースキンセット」の美容オイルに、
今年はアスタキサンチンを加えてパワーアップさせました。


「モイストハーブハンドクリーム」

 ハーブの楚々しい香り溢れるハンドクリーム。
 贅沢にアスタキサンチンを配合しているので、
 こちらのクリームも薄いオレンジ色をしています。

 なんと、保護クリームをお買い上げの方にプレゼント!






「ファンデーションクレムリッチ」

 美容液成分83%の、冬向けうるおいファンデーション。
 カバー力もしっかりありつつ、
 アンチエイジングを目的としたファンデーションなので、
 ここにもアスタキサンチン配合。





いずれもサロンにテスターをご用意していますので、
ご自由にお試しくださいね。
美容オイルとハンドクリームは限定品のため、品切れの際はご容赦ください。

| まき | 美肌食 | 16:03 | comments(0) | - | - | - |
旬は夏?

毎日暑いですね。

サロンのバイオラブの売れ筋をみても、
猛暑と言われた一昨年を上回るハイペースで、
ベタつく肌をすっきり浄化して引き締める、
オイリースキンラインのスキンケア用品が飛ぶように売れています。

知らず知らずのうちに体力を消耗しているのか、
夜になると眠たくて仕方がありません。

そんな折、明石海峡大橋が見えるお寿司屋さんで薦められたのが、岩牡蠣。

毎年お正月が明ける頃、
赤穂まで買い出しに行っての牡蠣パーティーが定番になっているので、
夏に牡蠣!?

恐るおそる頼んでみると、
デーン。


パカッ。


冬の牡蠣よりミルク感のある、濃厚なお味でした!

エネルギー源となるグリコーゲンと代謝アップのビタミンB群で、
夏バテにも効いてくれそうだし、
若返りミネラルといわれるセレンを含むのも嬉しい

夏はこれから!
たくさん食べて寝て、乗り切りたいと思います。


| まき | 美肌食 | 17:27 | comments(0) | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE