みどり日記

神戸と明石の間にある、アロマとハーブのナチュラルサロン”evergreen”
オーナーセラピストが綴る、OFFの時間。
抗生剤とのつきあい方

私を悩ませるムスコの中耳炎。

治療の基本は、抗生剤の内服とマメな鼻水の吸引です。

 

最近、抗生剤が効かない耐性菌の出現が問題になっていて、

抗生剤の乱用に警鐘を鳴らすメッセージも目にしますが、

少なくとも、私が出会った中では小児科医も耳鼻科医も、処方の基本は抗生剤のようです。

 

抗生剤が必要な時もあると理解しているものの、

ムスコの場合、冬を中心として一年の半分は中耳炎を繰り返しっぱなしなので、

長期にわたっての抗生剤の内服を避けたいと考えるようになってきました。

 

理由は二つ。

 

一つは耐性菌の問題。

 

ムスコの場合は、だんだん抗生剤が効かなくなり、

大人が飲むような強い抗生剤へと処方がエスカレートしていき、

耐性菌の怖さをリアルに感じました。

肺炎など命に関わる時のために、抗生剤は奥の手として温存しておきたいという気持ち。

 

二つめは腸内細菌と皮膚常在菌の問題。

 

消化吸収だけでなく、免疫や情緒の安定にまで関与しているといわれる腸内細菌。

そして、皮膚の健康を守ってくれている皮膚常在菌。

抗生剤は、病原菌だけでなく、これらの有用な細菌にまでダメージを与えてしまいます。

その影響で、中耳炎が治ったとしても、ムスコの身体と肌の健やかさが損なわれているのではないかという不安。

 

幸いにも、私の抗生剤を避けたい気持ちを汲んでくださる耳鼻科との出会いがあり、

今では、漢方と、必要な時にはごく弱い抗生剤を処方してもらえる様になりました。

 

そして、母として出来る大切な事が、予防のためのホームケア。

悩んでいる時に私が出会った本がこちら。

 

 

 

抗生剤の限界を示し、天然の植物がその代替となる可能性を示唆する内容です。

 

残念ながら、ここで紹介されているハーブのほとんどは身近ではない中で、

私が目をとめたのはハチミツ(特にマヌカハニー)

 

ハチミツ=蜂の蜜、ではなく、

ハチミツ=蜂が集めた植物の花の蜜、です。

なので、これも立派な天然の植物。

 

本の中では、抗生物質様作用があるとして、

傷への外用と、呼吸器系の感染症への内服が紹介されていました。

 

実は、本を読む少し前からサロンのスタッフにすすめられて、

ムスコには毎日少量を舐めてもらう様になっていました。

それからは、中耳炎が悪化する事がぐんと減ったように感じています。

 

そして、本の最後に書かれてあるのは、

免疫系の強化が、病気から身を守るために何よりも重要だという事。

この章には、エキナセアなどなじみのあるハーブも並んでいます。

やっぱり、ここがホームケアの要ですね。

 

耳鼻科の先生がおっしゃるには、2歳半頃が慢性中耳炎を卒業できるかどうかの分かれ目とか。

まさに中耳炎のピークの季節を、その2歳半で迎えるムスコ。

 

保育園ではそろそろ鼻水を垂らしたお友達が増えてきましたが、

今年こそ風邪予防に万全を期すぞ!と、

保育園の帰り、自転車で坂道を必死でこぎながら誓って振り返ると、

熟睡するムスコの姿があったのでした。

 

 

 

| まき | ナチュラル子育て | 17:01 | comments(0) | - | - | - |
中耳炎とのつき合い方
なぜか出張三昧でバタバタしてしまう2015年の後半。
新しい記事をアップしないので、ムスコの安否確認が友人より入ってしまいました。

出勤途中にエレベーターで乗り合わせた初対面のおばあ様にまで、
「やりやすい子だね〜」と言ってもらえますが、
初めての育児で「そうなのか?」と思いながらも、やはり悩みはつきもの。

ムスコの場合の二大お悩みは、肌が弱いこと、そしてほぼ毎日中耳炎なことです。

事の発端は今年のはじめ。
保育園デビューした途端に風邪の洗礼を受け、鼻水ダラダラに。
あまりに息苦しくて寝づらそうなのを見るに見かねて、 ネットで調べた鼻水吸い器を購入。 



嫌がって大泣きするムスコを羽交い絞めにし、
こっちも頭の血管が切れそうになりながら、懸命に吸い出していました。
そんな折、同じく子育て中のサロンのお客様に、
「耳鼻科で吸ってもらったら、ビックリするぐらい鼻水が取れるよ」と教えていただき、 初めての耳鼻科へ。

ズルズル〜とチューブに吸い込まれてゆく大量の鼻水を見て、
口で吸えてたのは氷山の一角に過ぎなかったと知りました。
そしてそこで、中耳炎の宣告。

子供は鼻と耳をつなぐ管が短いせいで、鼻水が溜まっているとその菌がすぐに耳に移動してしまうのだとか。
抗生物質の投与と、マメな鼻掃除を言い渡され、
それからは毎日、保育園帰りに耳鼻科に寄るのが日課となりました。

けれど、治ったと思ったらまたすぐに再発を繰り返し、耳鼻科通いに疲れ果てた私。
耳鼻科の鼻吸いマシーンは私にも使えるんじゃないかと思えて来て・・・

タイムイズマネー。
少々高くてもいいから鼻吸いマシーンが手に入るのであれば購入したい!
と、またまたネット検索してみたら、売っていました。

耳鼻科の先生にも意見を聞いてみたら、
「使ったことないけど、5千円ぐらいだと効果なく、2万円ぐらいの機械なら効果があるみたい。」
と教えてくださったので、
その価格帯で吸引力などを比較して決めたのがコチラ↓



これは、子供が中耳炎を繰り返して困っているお母さんには是非おススメしたいです。
耳鼻科で吸ってもらえるのは一日一回だけど、
これがあれば何回でも、特に鼻水が溜まりやすい朝イチにも吸ってあげれるし、
休診の日だって、吸いたい放題です。

口で吸うタイプと同様、ムスコは最初は大泣きして、
宣伝に使われている笑顔の赤ちゃんは嘘だ!と恨めしく思っていたのですが、
吸われるとスッキリするのがわかって来たのか、 今では信じられない事に自分で吸っています。


鼻の穴に入れるのがまだ下手くそで、鏡見ながらじゃないと口に入ったりしています。


う〜ん。ちょっと微妙な感覚なんだけど、やめられまへんわ。

このマシーンのおかげで中耳炎にならなくなり、3ヶ月ほど耳鼻科からも遠ざかっていました。
ただ、つい先日RSウイルスに感染した時に再び耳にもきてしまい、治療再開。

最近の私は、抗生剤との付き合いに苦慮しているので、
あまり先にならないうちに、この話も書いておきたいと思います。
 
| まき | ナチュラル子育て | 16:33 | comments(1) | - | - | - |
ムスコのナチュラルスキンケア
玄関に脱いでおいたはずのサンダルがない!
と思ったら、まさかの洗濯機の中から出てきました・・・。

かなり悪くなって来た最近のムスコです。


アトピー体質の母から産まれてきたゆえか、同じく肌の弱いムスコ。
秋冬のガサガサの乾燥肌がやっと改善したと思ったら、
夏はあせもで真っ赤&掻きむしって痛々しい。

そんなムスコのスキンケアも、もちろんナチュラル志向で!

生後一か月で乳児湿疹ができた時点で、
ラベンダー&ジャーマンカモミールのハーブウォーターを化粧水として、
ホホバベースのカレンデュラオイル&シアバターの軟膏をクリームとして、ケア開始!

ところが、これが見事に肌に合わず、ますます悪化させてしまう結果に。
小児科で処方された弱いステロイド入りのワセリンを泣く泣く使って、事態を鎮静させたのでした。

それ以来、ナチュラル素材&手作りには慎重になっていたのですが、
あせも用として小児科でもらってきたローションの処方が、
医療の素人ながら、あまりにも気に入らないセラピストの母。

・塩化アルミニウム液
一時言われていたアルミとアルツハイマーの関係はどうやら否定されつつある様ですが、
汗腺を退縮させて汗を出にくくするというやり方は、あまりにも西洋医学的。
汗は出た方が良くない?

・エタノール
確かに掻きむしった傷からの感染は心配だけど、肌を乾燥させてしまう心配も。

・ハッカ油
幼児には刺激が強すぎるのでは?
そこまでして清涼感を与える必要はないように感じてしまう。

・タルク
精製技術が未熟で不純物の多かった昔と比べると今は品質に問題ないと聞くけれど、
ナチュラグラッセで唯一赤ちゃんへの使用を推奨している"UVシフォンパウダー"は、
いちおうノンタルクなのよね・・・

などなど。
とは言え、過去の苦い失敗もあるので、まずは病院のローションを使ってみる。
結果、あせも特有の湿った感じは見事に消えたものの、案の定ガサガサの汚い肌に。

うーん。
やっぱりナチュラルケアにもう一度トライ!

まずは、ホワイトクレイ。
そのままパタパタはたく方法もあるけどむせちゃいそうだったので、
私はラベンダー&ジャーマンカモミールのハーブウォーターと混ぜてクレイウォーターにしたものを、
シュッシュッと吹きかけておきました。

そして昔からの日本人の知恵、桃の葉風呂。
タンニンが豊富なせいか、私の肌までお風呂上がりはスッキリ!
毎年肘の内側にできるオットのあせもが今年は出なかったのは、桃の葉のおかげ?

この二つのケアで、同じく肘の内側に出ていたあせもはキレイに治りました。
オムツで蒸れちゃうお尻は完治とはいきませんが、
悪化する事はなく、まあまあの状態をキープしてるので、
オムツはまめに替えるように気をつけてます。

自分のことであれば、
ナチュラルケアで乗り切れるのか、病院のお世話になるべきかはほぼ正確に判断つくのに、
ムスコのことなると迷います。
しばらくは、まずは病院で診てもらうのが基本かな。


 
| まき | ナチュラル子育て | 10:19 | comments(0) | - | - | - |
温泉ベースにクライミング
ゴールデンウィークに初めて行った岡山の湯原温泉。

ここの泉質がヌルヌル、お肌はツルツル。
そしてまわりには小粒ながらも展望の良い山々が点在しているという事で、
湯原温泉をベースに、まわりの山に登るスタイルがすっかりお気に入りに。

海の日の連休もしかり。

ずっと背負われているだけだったムスコも、少し歩けるようになりました。


「次はここの山だ!」


リクエストにこたえて、お盆休みも飽きずに湯原温泉の予定。
最近のムスコはあせもがひどく、湯治も兼ねて行ってきます!

次回は、あせものナチュラルケアについて書いてみたいと思います。

 
| まき | クライミング | 15:34 | comments(0) | - | - | - |
どこまでも歩いて行けるよ
重い荷物を背負って山を歩く訓練を「ボッカ」とよぶ。

子供が一歳になったときに一升(約2キロ)の餅を背負わす風習がある事を知り、
「一歳の子にとって一升は負担が大きいから無理しないでね」という記述を見た私は、
当日に無理のないように、ムスコには誕生日を前にボッカさせよう!と思い立つ。

さすがに山ではなくて家の中だけど。

クライミング用ザックを先行でプレゼントして、まずは500mlペットボトル1本からスタート。


毎晩の数十分を、このスタイルで過ごしてみたけれど、
結局は2本の1キロまで増やしたところで、
「重たいよー。」とクレームがあり、さっさとボッカ終了。

さて、事前のトレーニング不足のまま迎えた誕生日当日。
「よいしょ。」と何とか立ち上がり、泣きながらもそこそこ歩いてくれました。


先日、知人がちょうど一年違いで赤ちゃんを出産したので見に行かせてもらったのですが、
あまりの小ささに「あら?未熟児で産まれた?」と一瞬思ったほど。
けれど身長を見ると、ムスコが生まれた時とまったく同じ。
こんなに小さかったけ!?

一年前を振り返ってみれば、
超安産だったのに安堵したのも束の間、
胎盤の癒着があり産後すぐに全身麻酔での処置が必要だったので、
一生に一度かもしれないカンガルー抱っこは、立会していたオットに奪われ。


さらには、結局胎盤が取りきれず退院後に大きな病院を紹介されてしまいました。
胎盤は血の通った生きた細胞なので大出血を起こすリスクがあり、
しかも掻き出して済む話ではなく、ガン細胞と同じように放射線治療が必要とか。
当然、治療中の母乳育児は不可。

一方のムスコも尿検査で胆道閉鎖の疑いが見つかり、
再検査でさらに数値が悪化して、エコー検査を受けることに。

ただでさえ、こんな小さな人が突然家にやって来てどうしよう!?
と慌てふためいているというのに、
頻繁な通院に産後ブルーも影響してか、目の前が真っ暗だったのを覚えています。

結局、ムスコの胆道はエコー検査で大丈夫な事がわかり、
私もMRIまで撮ったのですが、癒着部分はなぜか自然消滅していて、
(神様ありがとうございます!)
二人とも事なきを得た頃には、一か月が過ぎていたのでした。

そんな状況ながらも、しがない自営業ゆえ、
産後2週間目からは仕事も再開し、
あまりにもバタバタとスタートを切って、結局そのまま一年走って来たような。

どう考えても、十分な子育てが出来たとは言えないな〜。
それでも、あの小さかった人はこんなに大きく成長して、
しっかり歩けるようになったのだから、赤ちゃんてスゴイ!

これからは、自分の足でどんな所までだって、好きなところへ歩いて行けるね。
 
| まき | ナチュラル子育て | 16:35 | comments(0) | - | - | - |
窓越しのムスコ
「後追い」というものが始まった最近のムスコ。
少しでも私の姿が見えないと、どこまででも探しにきます。

ベランダに洗濯物を干しに行った時も。

ボクも行く〜!


あれ?


ちょっとお母さ〜ん!


怖いんですけど・・・
ガラスが見えていないのか?

男の子はかわいくって、
「お出かけするのがデートみたい。」とか、
「この子だけはマザコンでもいい。」なんて聞いていたけど、
とてもそんな風には思えない母なのでした。

 
| まき | ナチュラル子育て | 16:02 | comments(0) | - | - | - |
ベビークライミング
ゴールデンウィーク中、とっても楽しみにしていた子連れトレッキングは雨で断念。

ただ休み前には、マタニティヨガで一緒だったお母さんがご夫婦で山登りをされていた事が判明し、
嬉し過ぎて早速、赤ちゃんと一緒にクライムオン!


ムスコよりも小さい赤ちゃんは、この日は抱っこ紐での参加。
この後、うちと色違いの山キャリーを購入されたとか。

キャリーがあると、うんと楽です。


これに乗っていると、不思議とぐずらないムスコ。
自然の中で揺られているのが気持ちいいのか、
後半はたいていキャリーの上で熟睡。

日焼け大丈夫かな・・・
私からの遺伝か、肌が弱いのでまだUVクリームを試したことがないのです。

まだまだ低山しか行けないけれど、目指せ!夏にはアルプスデビュー!!
 
| まき | クライミング | 17:09 | comments(0) | - | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE